SUZUKI YUYA | 社畜の投資.FX.貯金

月200時間以上も労働する社畜による投資、FX、貯金。

FXを中心としたブログへと全面的にリニューアル

f:id:TheSuzukiYuya:20170505134650j:plain

 

以前は「Suzuki Yuya Blog」として運営していた当ブログだが、名前を「SUZUKI YUYA」と随分スッキリした名前にリニューアルした。

 

そして名前だけではなく、テーマも「日記」から「FX」へと変更し、これから書いていく記事の方向性を変えた。

 

どういった心境の変化があったのか、あの「日記を書いてやる!」と宣言した固い決意は何だったのか?

 

さてそんなことは割愛して、今回はリニューアルしたことのお知らせ、そしてどのようにリニューアルしたかを書いていこう。

 

  • ブログがどのように変わるのか?
    • 資産100万を目指す理由
      • 何故FXを選んだのか
        • リニューアルした動機
          • まずは100万円

 

続きを読む

筋トレとランニングを続けた結果、1年間で人生が変わった

ある日、身体を鍛えるためにトレーニングを始めようと考えた。

 

私は幼少期に入退院を繰り返していた過去があり、入院することがなくなってから徐々に運動できるようになっていたものの、ついに運動する習慣は身につかず慢性的な運動不足になっていた。

 

そのせいなのか、社会人になってから体力不足を感じる場面が多く、基礎体力を身につけてこなかったことを悔いていた。しかし悔いているだけでは良くならない。慢性的な運動不足を改善しなければ根本的な改善をできないと感じていた私は、自身を変えよう、自分の人生を豊かなものにしよう、そう決心しトレーニングを始めた。

 

そしてトレーニングを本格的に始めたのが2015年の10月。それから1年が経った。冬限定でスノーボードしかやってこなかった私が、まさか1年も続くとは思いもしなかった。

 

そして、たった1年間でもトレーニングを続けることによってこんなに人生が変わるとも思わなかった。トレーニングを始める前の自分と、今の自分では明らかに変化があり、確実に人生が豊かなものなっていると感じている。

続きを読む

スノーボードを始めてからTECH2合格までを振り返ってみる

f:id:TheSuzukiYuya:20170204191558j:plain

スノーボードを始めて早11年。

 

間にやってない時期はあったものの、よくここまで続けたもんだなと自分でも思っている。

 

このスノーボードを続けたことによって得られたことはとても多い。

 

形として何か得られたものがあったわけではないが、精神的にはとても成長させてもらうことが出来たなと感じる。

 

スノーボードは上手くいかないことばかりだった。

 

それは今も変わらず上手くいかないことばかりだけれども、上手くいかないことに対して正面から挑むということが出来るようになった。

 

試行錯誤が出来るようになったと言うべきだろうか。とりあえず簡単な言葉で言ってしまえば、努力出来るようになった。

 

ふと思い出すと、ここまで長かったような短かったような。

 

TECH2合格は自分にとってなかなかに嬉しく、自分のスノーボード史の中で大きな節目となりつつある。

 

今回はTECH2合格を記念して、スノーボードを始めた頃からTECH2を合格するまでの道のりを書いていく。

 

振り返り兼備忘録といった感じで感慨にふけりながら書いていくが、同じ雪山を愛するスノーボーダーの参考にでもなってくれれば嬉しい。

 

 

  •  小学四年生で始めてスノーボードに乗る
    • スノーボードを久しぶりにやってみたら
      • バッジテスト1級に合格する
        • TECH1とTECH2をストレートで合格する
          • ここまでを振り返ってみて
          • これからのスノーボード

 

続きを読む

年収300万未満の私が1年で100万円貯めた確実な方法

f:id:TheSuzukiYuya:20170506163354j:plain

サラリーマンの間では、100万円を貯金するのは富裕層への第1歩だと言われている。

 

まぁ100万貯めたからといって、そこから右肩上がりでドンドンと資産が増えていくのかと言われれば、そんなことはまったくない。

 

100万を貯金するのはあくまで、最低限の金銭感覚(倹約)を身につけるための1つの試練であって、100万ぽっちでは満足のいく投資は出来ないだろう。

 

こんな話をしてしまうと、じゃあ100万貯めたからなんだという話になってしまうのだが、100万とは言えあるとないとでは雲泥の差がある。

 

習得した金銭感覚が後々になっても役立つことはもちろん、自分のライフプランを立てる際にも影響してくる。

 

単純に考えても貯金が100万あるということは、病気や怪我などの回避することが難しいアクシデントや、失業や転職などのイベントにもある程度対応出来るということだ。

 

いざとなった時に「100万がある」という事実は、生活の大きな支えになり、また心や精神を支えてくれる。

 

確かに100万程度では1年も生活出来ないし、人によっては半年も難しいだろう。

 

だが0と100では当然大きな差がある。 100万とは意外とバカにできない資産なのだ。

 

つい最近になって達成したわけではないが、記念すべき第一歩として、100万に到達した方法とその感想を記事にしていきたい。

 

もちろん、私はこれから話す方法は万人に通ずる方法ではない。

 

だが、もしこれから100万を貯金したい人達にとって少しでも参考になれば嬉しい。

 

  • 世代別の貯金額の平均値と中央値
    •  給与から先取りで貯金する
      • ボーナスは95%を貯金する
      • 倹約をしっかりと考える
        •  ラテマネーに注意する
        • 金を払う時は常に疑う
          • 私はこれで100万円貯まりました
          • 100万円貯めるとステージが1個上がる

 

続きを読む

手帳を使う最大のメリットはスマートフォンの補完と拡充だ

f:id:TheSuzukiYuya:20170223000502j:plain

 

2016年12月25日、プレゼントで手帳を貰った。

 

前々から欲しいとは思っていたものの、スマートフォンとの利便性を考えた時に、果たして手帳を持つ必要があるのかどうか、それがわからず中々に手を出せずにいた。

 

私の葛藤を知り、とりあえず「使ってみたら?」とプレゼントとして手帳を頂いたのだが、これがまたすごく良い。

 

まだ使用期間は短いが、使えば使うほど、日が経てば経つほど、手帳のありがたさが手に染みる。

 

そして気づけば、スマートフォンを使う回数が以前と比べ、格段に減っていた。

 

  • 私が使用している手帳
    •  前はスマートフォンとノートを併用していた
      •  
      • 使ってみて感じた手帳のメリット
        •  スマートフォンと手帳の両立
          • スマートフォンを手帳で補う

 

続きを読む

第24回全日本スノーボードテクニカル選手権大会に参加してきた

f:id:TheSuzukiYuya:20170221230717j:plain

すごい大会に参加してきたみたいになっちゃってるけど、本選ではなく予選ですハイ。前回記事で書いた通り、「スノーボードの大会に参加する」ってちゃんと有言実行してきたよ。

 

suzukiyuya.hatenadiary.com

 

どんな大会かわからない人のために簡単に説明しよう。

 

全日本スノーボードテクニカル選手権大会とは、通称「テク選」と呼ばれる大会でで、指定された種目の滑走技術を競い合う大会だ。

 

といってもピンとこないかもしれないが、要はどれだけ上手に滑れるかを競うというもので、決してクルクル回ったり、大きなジャンプ台を飛んだり、そういうのではない。

 

タイトルに入れなかったが、JSBA(日本スノーボード協会)という公式に認められたところが主催している大会で、テクニカル系では1番有名な大会だ。

 

そんなテク選の予選に今回初参加してきたので、大会の雰囲気や感想、反省点などを書いていく。

 

特に雰囲気などについては正直に書くので、参加してみたい気持ちはあるけど、どんな大会かわからなくて参加を見送ってる人は、これを読んで決めてみて欲しい。

 

事前情報があるのとないのとでは、また結果も変わってくると思うので、初参加を決めてる人に少しでも役立てられるよう書きたいと思う。

 

続きを読む

早起きの弊害、その解決策

2015年からずっと早起きをしてきた。それは変わらず、今も続いている。

 

といっても自分の基準での早起きなので、世間一般的に見れば普通の起床時間なのかもしれない。

 

それでも始める前より1時間ほど余裕を持って起きるようになったので、随分と気持ち良く朝を過ごさせてもらっている。

 

そんな私だが、早起きを習慣化してからある弊害に困っている。

 

続きを読む

人生、何者にもなれなくたっていいじゃない

この世には何者にもなれない人がいる。

 

何かの道に精通しているわけでもない、ある分野においてトップクラスに入るわけでもない、といって特殊な技術を持っているわけでもない。そもそも人並みの能力があるかも怪しく、自信を持ってこれと言える能力もない。

 

人は誰だってナンバーワンになりたがっている。しかしナンバーワンになれるのは一握りの人間だけで、大半の人間は悲しきかな、その他大勢に埋もれていく。ナンバーワンという分かりやすいステータスは、他者と比べて目立つアイデンティティであり、それは信用や評価を集めてくれる。

 

多くの人は自らのアイデンティティを求め、何者かになりたいと心の奥底で煮え切らない気持ちを抱えている。 それは私も同様、心の奥底どころか目に見える表面に煮え切らない気持ちがにじみ出ている。何故、私は何者にもなれないのだろうか、そんな想いを抱えてずっと生きてきたと言っても過言ではない。


でも、最近「何者になる必要があるのか?」と疑問が湧いてきた。これは負け惜しみなのかもしれないが、何者になるのが幸せという価値観が少しずつ変わっている。

 

確かに、ある事に対して多大な知識を持っているとか、何かの分野で優秀な人物になったりとか、特殊な技術を習得したりとか、何かあれば幸せにはグッと近づけるのかもしれない。でも生き方として、果たしてそれが正しいと断言出来るのだろうか。

今回は、相田みつをに習い、「何者になれなくたっていいじゃない、人間だもの」を書いていく。

続きを読む

スノーボードをする女子はめちゃ可愛い

f:id:TheSuzukiYuya:20170204191558j:plain

どうも、こう見えてもスノーボード歴10年のYUYAです。

 

突然だけど、スノーボードしてる女の子って可愛いよね。女性特有のフォームとか、男性スノーボーダーにはない美しさを持っていて、もう存在自体がキラキラしてる。

 

これもゲレンデマジックと呼ばれる現象かもしれないが、それを抜きにしても存在自体が可愛い。

 

スキースノーボードは男性比率が高く、どうしても周りが野郎ばっかになってしまう。その中で女性はいるだけでも目立つ、魅力的に見えるものだ。

 

だが惜しいことに、昨今はスキー・ボードブームも去り、全体のユーザー数、特に女性ユーザーはドンドンと減少している。

 

そんな過疎期を迎えているスノーボードだが、他のスポーツにはない魅力が溢れているのは確かなわけで、これからも続いていくスポーツであることには間違いない・・・

 

しかし、ちょっと待ってほしい。

 

確かに、長野オリンピックを着火点としたあの頃よりも人々のウィンタースポーツに対する関心はドンと減ってしまった。

 

けれどウィンタースポーツ、特にスキースノーボードに関しては人々の関心が高かった頃よりも、遥かに手軽に始められるスポーツになっている。

 

通信販売が一般化しつつあるおかげで、今までは道具を揃えるだけで十万〜二十万とかかっていたものが1/2~1/3ほどにまで抑えることができ、だんだんとリフト券もホテルも安く確保することが容易に出来るようになってきている。

 

これが「ウィンタースポーツは金がかかる」という今までのイメージを徐々に消しつつあり、始めるまでの敷居を下げてくれている。これは「一度ぐらいは行きたい」と思っている人たちが、出費を抑えてゲレンデに行けるチャンスなはずだ。

 

JRも毎年「冬は東北にいこう」と綺麗な女性とこれまた素敵な楽曲を起用し、ゲレンデを盛り上げようとやってくれている。JRだけでなく、JTなども積極的にタバコの試供品を配るキャンペーンをやったりと、ゲレンデ活性化(客層強化のためだろうけど)の一役を買っている。

 

そこでスノーボーダーの私も、少しでもスノーボーダーが増えるように、「ゲレンデに行きたい!」と思ってくれる女子を増やすため、将来のお嫁さんをゲレンデで見つけるため、スノーボードをやりたい女子の背中を押せるような記事を書きたいと思う。

 

続きを読む

ちょっとした事でも撤退基準を決める有用性

記事を更新するのが1週間近く空いてしまった。誰も私の執筆頻度を気にしていないだろうが、今回はこの「なぜ更新期間が空いてしまったのか」ということを絡めて、ちょっとしたことだが「撤退基準」を何事にも設けることの必要性をツラツラと書いていきたい。

 

さて本題に入るが、なんで記事更新が1週間も空いてしまったのか。それは中古PCをもらい、嬉々としてセットアップを行ったが、上手くいかずに長々と時間をかけてしまったからだ。それで結局セットアップ出来たのかというと、出来なかった。

 

うーん、しょぼいぞ。実に内容がしょぼい。しかしだ、こういうちょっとした事にも撤退基準を設けないと、ただただ時間が浪費されることを痛感した。よくビジネスで言われる「撤退基準を設けなさい」と言われるのがわかった気がする。

 

むしろ事業というスケールが大きいものではなく、このようなちょっとした事にこそ、意識的に撤退基準を設け、自分の時間を正しく使うよう心がける事が重要なのではないのだろうか。

 

時間を正しく使う以外にも撤退基準を設けることで得られるメリットは多々ある。能動的に基準を決めることで、行動がダラダラになることが無い、期間を設定するのと同義だ。

 

続きを読む