SUZUKI YUYA | FXで資産1000万

会社員がFXで資産1000万を目指す。FX・為替を中心に様々なことを執筆。

1年間ランニングと筋トレを続けた結果、人生が変わった

f:id:TheSuzukiYuya:20170513124620j:plain

私がランニングと筋トレを本格的に始めたのは、2015年の10月。

 

冬のスノーボード以外に運動する習慣がまったく無かったので、最初はこんなに続くと思っていなかった。

 

そして、この身体を鍛える習慣を続けることによって、こんなに人生が変わるとは思いもよらなかった。

 

身体を鍛えることは人生を豊かにする。これが1年間のトレーニングでわかったことだ。

 

トレーニングを始める前の自分と、今の自分では明らかに変化があり、確実に豊かな方向に向かっていると確信している。

 

では実際にどう変わったのか?

 

 

トレーニングを始めた目的

私が何故、身体を鍛え始めたのか、まずはそこから。

 

 実はコレ!と1つに断定できる目的はなく、複数の目的が折り重なって「始めよう」となった。

 

以下がその目的一覧である。

  • 腰痛の改善
  • 運動不足の解消
  • 体力向上
  • 移動手段として魅力的
  • スノーボードの技術向上
  • 精神力を鍛えるため
  • ストレス発散
  • お金持ちになる
  • etc.

 

他にも小さい目的が色々ありますが、総じて「自分を鍛えたい」という所に集約されている。

 

「お金持ちになりたい」とか具体性のない目的もあるが、自分を高めたい、豊かにしたいという点では共通している。

 

さて、では実際に目的が果たせたのか?変わることが出来たのか?

 

身体が格段に強くなった

f:id:TheSuzukiYuya:20170515000249j:plain

(上記はイメージ画像)

 

もう明らかに見た目が変わった。以前と比べればムキムキだ。

 

元から筋肉はある方っちゃある方なのだが、さらに筋肉が増えた。

 

トレーニングすればするほど身体がムキムキになっていくので、毎晩鏡の前で惚れ惚れしている。

 

まぁ大事なのは外見じゃなくて中身だ。効果が出てるのかどうか。

 

 

私は仕事の都合上、腰に負担がかかる体勢を取ることが多いが、その体勢を取ることがが多くなってくると腰痛が出てくる。

 

腰痛持ちの方々と比べると割りと軽度な腰痛だが、それでも腰痛が出ると仕事に差し支えるので、どうしても改善したかった。

 

それがトレーニングを始めてから3ヶ月ほどで腰痛が改善した。トレーニングを開始してから3ヶ月ほどと、早い段階でもう効果が出たのだ。

 

それと体力の向上も果たした。

 

当然ながら朝から晩まで仕事してると疲れる。帰ってくれば夕食とお風呂を済ませてしまえば後は就寝、という単調なサイクル。

 

これが嫌で嫌でたまらない。私は帰ってからもプライベートを充実させたかった。

 

以前までは、もう帰宅した瞬間に「ご飯食べないで寝よう」と唱えながら着替えるほどだった。

 

それがどうだろう。今は帰宅したら今日のトレーニングメニューで頭がいっぱいだ。

 

以前とはもう別人だよ。こりゃサイヤ人になった気分ですよ。

 

肉体を鍛える喜び、達成感、そして幸せ。運動不足なんかもう行方不明もいいところだ。

 

その幸せを噛み締めつつ、余暇を楽しんだり、こうやってブログを書いたりできるようになったのだ。

 

確かに、どうしても疲れる日もあるが、格段に体力が向上したのを感じている。

 

そうそう、体力が増えたおかげか、風邪等の病気にかかる頻度も減った。中身が弱かった私にとっては、これも劇的な変化の1つである。

 

スポーツのパフォーマンスが上がった

これがトレーニングを始めた1番の目的なのだが、スノーボードでどうしても合格したい試験があったのだ。

 

この試験の合格を目指す際に今のままでは難しいと踏んで、真剣にトレーニングに打ち込もうと決意したのだ。

 

その結果、試験に合格することが出来た。

 

www.suzukiyuya.com

 

この試験合格が今までで1番効果を実感した時だ。

 

トレーニングしてて良かった、これは努力が実った、よくぞ頑張ったと。

 

実際ここまできて思い返してみてだが、ここぞ!という時のパフォーマンスも大事なのはもちろん、練習時のパフォーマンスもすごく大事なんだなと身にしみている。

 

パフォーマンスが高くしていかないと技術が身につかない。つまり成長のレベルが遅くなってしまう。

 

身体を鍛えてからは成長速度が早かった。もちろん、今までのスノーボードにおける努力が実ったっていうのもあるが、身体という下地があればある分だけ成長が早いと感じた。

 

試験を合格できたのはそのレベルまで成長できたから。そしてそこまで成長できたのは、トレーニングという下地を大きくする行為が大きかったからではないかと思っている。

 

スノーボード以外にはスポーツらしいスポーツはしていないが、スノーボード以外で言えばランニングのタイムが少しずつ縮んでいる。

 

今まで本気を出して20分かかったところが、5分縮んで15分。これは中々にすごいことじゃないのかなと。

 

それに早くなればなるほど、走るのが上手くなればなるほど、ランニングが楽しくなってくる。

 

金持ちは総じてランニングをしてるっていうのがわかりるような気がする。やればやるだけ結果が出てくる、こりゃ金持ちもハマるわけだ・・・。

 

そして、スポーツに限った話ではありませんが、怪我が減った。

 

前まではしょうもないところで捻挫したり、筋を痛めたりしていたが、今ではそんな不覚を取らない。

 

身体を鍛えることによって、自分の身体の使い方がわかってきたのだろうか。身のこなしが軽いというか、段差とか「雑魚め!」っていう感じである。

 

21にもなって何をはしゃいでるって話が、20歳を越えてから10代の自分よりドンドンと若返っていくとは考えもしなかった。

 

周りの20代の「俺らも歳を取ったなぁ〜」という老化発言を聞くたびに、「私はあの頃より強くなってる」と心の中でほくそ笑む。

 

精神面での成長

f:id:TheSuzukiYuya:20170515000226j:plain

人間、1番大事なのは精神力だと考えている。

 

そしてその精神力を鍛えられたのだろうか。はっきりいってわからない。

 

スタンドでも持っていれば何か能力が増えたかもしれないが、あいにく私はスタンド使いではありません。

 

何か目に見える形で成長してるのかどうかわからないが、努力を継続できたおかげか、自信はついてきた。

 

今までは無理だと思ってたことも、「やり方をよく考えて努力すればいけるかもしれない」と思えるようになった。どう言葉で表していいかわからないが、努力のクオリティが上がった、というのが的を得てるかもしれない。

 

自信がついた以外の精神的なメリットと言えば、嫌なことをそんなに引きずらなくなったことだろうか。引きずるものはさすがに引きずるが。

 

嫌なこととか悩みとか、トレーニングをすることで忘れることができる。忘れるどころか「意外とどうでもいいこと」と思えるようになった。

 

むしろその憎しみを糧にトレーニングに打ち込む。憎しみを燃やし、闘志を燃やし、ついでに脂肪も燃やす。

 

視野が狭くなるのは怖いことだと考えている。視点が1つに定まってしまうというか、変化しなくなるというか。

 

自分が考えてることがこの世の全てじゃない。その渦中にいるとどうしてもその気になってしまうが、そのスパライラルから身体を動かすことで抜け出すことができる。

 

これは上手くストレスを発散することができてる証拠だと思っている。

 

それと、精神面が鍛えれたおかげか、お金が貯まるようになった。とはいえ元々そんなに使う人間じゃないので、変化といえば微々たるものだ。

 

簡単に言ってしまえば我慢できるようになった。この我慢っていうのが大事で、一時的にでも我慢することが出来れば、それが本当に必要かどうか考える時間ができる。

 

じっくり考えてから物を買う。これがさらに出来るようになったおかげで、なおさら不必要な物を買わなくなった。

 

www.suzukiyuya.com

 

全てのトレーニングは、金持ちの道に通ず。

 

そこらへんの偉そうなコラムに書いてることは本当だった。

 

トレーニングは辛くて苦しい

けどやる価値は十二分にある。

 

人生の幸福度を上げるのは何も金だけではない。その他、充実感、達成感、愛情、健康などなどたくさんある。

 

トレーニングはその大部分を補えることができる素晴らしいものだ。

 

もしかしたら、人生の幸福度を上げるにはお金持ちになるよりも、トレーニングを始めることの方がてっとり早く、確実かもしれない。

 

繰り返すが、トレーニングは辛く苦しいものだ。人によってはこの世で1番嫌な部類に入るかもしれない。

 

だが、トレーニングをしてる私は確実に変わった。確実に人生が豊かになった。

 

今では、トレーニングは全ての人間を幸福にするものだと確信している。

 

身体も精神も鍛えられて、お金も貯まりやすくなる。最高だ。

 

自分を変えたいならこれ以上のものはないだろう。