SUZUKI YUYA | FXの兼業トレーダー日記

兼業トレーダーがFXで資産1000万を作って専業トレーダーを目指す日記。

実写化「ジョジョの奇妙な冒険-ダイヤモンドは砕けない-」の第1章の感想

f:id:TheSuzukiYuya:20170828010222p:plain

どうも、実写化映画評論家のYUYAです。

 

最近はヲタカルチャー?の社会進出化著しく、漫画及びアニメの実写化が頻繁にされている。

 

この実写化ジョジョの前後には、テラーフォーマーズ、銀魂、東京喰種、鋼の錬金術師、BLECHなどが実写化されており、その社会進出具合を測ることができる。まだ携帯小説や主に女性が好む恋愛漫画の実写化も頻繁にされ、さらには「君の名は」を先発にライトノベル層も頻繁に映画化されている。(こちらは実写化というよりアニメーション化)

 

その中でジョジョの実写化は「ついに来たか」と言った感じで、荒木飛呂彦が作り上げた魅力的な世界観を、どう実写化で表現するのか?と以前から注目されていた。今回、実写化されたジョジョは人気の高い第4部だ。それに加えて山崎賢人や真剣佑など、最近の人気が高い俳優陣を使っていることでも、注目を集めている。

 

一応のジョジョファンである私も以前から実写化を楽しみにしており、ついこの間、鑑賞しに行った。実写化は色々な方面から評論されるのが常だが、堅苦しいことは抜きに原作ファンの目から見た感想を書いていきたい。

 

※ここから先、ネタバレを含む。

序盤だけなので映画としては微妙

まずは結論だ。断言しよう。今回の映画は微妙であると。最初に悪い所を列挙していこう。

 

まず、ストーリーが微妙だ。今回は実写化は第4部のアンジェロ戦〜虹村兄弟戦の構成だったが、1つの物語として魅力的か?と問われるとそれはまったく違う。

 

当たり前だが、第4部で言えばこの当たりは序盤、主人公の仗助がその正義感を持って杜王町に潜む闇との戦いに身を投じていくというプロローグである。そもそも4部自体が終盤に近づくに連れて段々と面白くなり、終盤で最高潮の面白さを迎える作品だ。その序盤だけを映画化されても、魅力的だとは思えない。

 

虹村兄弟戦の最後に京兆が何者かに殺され、仗助が祖父の想い(黄金の精神)を継ぎ町を守っていくと決意するところで映画は終了する。これで満足するはずがない、1つの映画としては面白くない、よって微妙という評価を付けざるを得ない。

 

ただ、まだまだ続きがあるぞ、と思わせるには良い展開だった。

 

スタンドバトルが少なく思えて、世界観にハマりづらい

また実写化あるあるだが、展開が早く、承太郎?スタンド?クレイジーダイヤモンド?と見ている人の頭が追いついていけない。というよりは世界観に没入しづらい。原作を読んでいる人にとっては、「早くアンジェロ岩作れ。ミサイル打ち返せ。」とイライラするぐらいスローリーだったが、スタンドを駆使して戦っていくという世界観に慣れるまで時間がかかる。

 

理由としては、スタンドバトルの描写が少ないからだ。良くも悪くもこの4部はスタンドを中心に話を進めていく。

 

原作通りではあるが、スタンド(アクアネックレス)の怖さを魅せるため、アンジェロ戦を深く掘り下げたせいで、スタープラチナやクレイジーダイヤモンドが出てくる場面が少なく感じる。そのせいでスタープラチナやクレイジーダイヤモンドの印象がハッキリせず、とにかくアンジェロ(アクアネックレス)と京兆(バッドカンパニー)だけが際立ち、主人公側の視点で物語に没入しづらい。

 

京兆戦の時にやっとハマりそうになっていくが、ミサイルを打ち返して唐突に京兆を撃破していくので、読者の集中力がそこで途切れてしまう。「ん?どういう理論で倒した?」と考えているうちにそこでスタンドバトルは終了。これが今作の「スタンドバトル少なすぎ」と言われる要因を作っている。(原作通りなのだが)

 

スタンド使い同士が、自分のスタンドを最大限駆使してぶつかっていく。これがジョジョの醍醐味でもあるので、尺の割にスタンドバトルの少なさが際立ち、仗助と承太郎を中心に広がっていくジョジョ特有の世界観にハマっていきにくい。

 

山崎賢人と真剣佑が微妙

f:id:TheSuzukiYuya:20170828010240p:plain

はい、出ました。配役への批判です。主人公の仗助役を山崎賢人、京兆の弟である億泰役を真剣佑、この2人が微妙です。四部は仗助と億泰のコンビが中心となって活躍していくストーリーなので、この2人が微妙というのは致命的だ。もうそれだけで作品のクオリティが下がっていく。

 

どちらもどこか垢抜けていない演技で、役に振り回されてる感が伝わってきます。「ああ、今なんつった!?」はすごく良い、億泰の戸惑いながらの優しい所の出し方もすごく良い。だが所々の仗助・億泰感を出そうとしているのが映画への没頭を妨げる。

 

仗助と億泰、この2人だからこそ難しいというのはわかるが、ぜひ続編では役に振り回されず、新しいジョジョを見せて欲しい所。

 

他の配役は良かった

ひとしきり悪い所を上げたので、次は良い所を褒めちぎろう。山崎賢人と真剣佑は微妙だったものの、承太郎役の伊勢谷友介、広瀬康一役の神木隆之介はなかなか良かった。

 

似てるかどうかではなく、役への寄せ方に不自然さが無くて素晴らしい。承太郎という頼れる大人感、杜王町の闇との戦いに巻き込まれていく広瀬康一感、どちらも自然に出せていた。この2人は原作でもコンビで活躍していくので、今後の期待がますます高まる。

 

山岸由花子役の小松奈々は、山岸由花子自体が活躍していないのでまだわからない。これからドンドンと発揮される由佳子の本性をどう演じていくか、楽しみではる。

 

配役で特に素晴らしかったのは、やっぱりなんといっても京兆役の岡田将生。事の発端を作った脅威の黒幕、そして父を殺すスタンド使いを探すという父への愛情、終盤で集中力を取り戻すことが出来たのは岡田将生のこの演技力があったからこそと言えよう。

 

そして仗助の祖父、良平役の國村隼人の演技。はっきり言って原作より感情移入できました。ありがとうございます。原作ではアンジェロへの怒りというものが湧いてこなかったが、この映画で始めてアンジェロに対して怒りを覚えました。

 

山田さんに関しては、いつもどおり素晴らしい演技でした。ただアンジェロ役の演技というより、ヤバイ奴の演技でした。

 

無難ではあるが今後に期待

あれ、良い所って仗助と億泰以外の配役だけだっけか・・・?

  

このジョジョ実写化については、正直まだ何とも言えない。ストーリー進行だとか、世界観だとか、そういったものは2作目が無いとなんとも言えない。今作は意外にもポジティブな意見が多いので、この調子で打ち切りせずに最後までやって欲しい。

 

もし最後までやることが出来たなら、評価はガラリと変わっていくと思う。ジョジョは所々が面白いのもそうだが、やっぱり終盤でス~ッと満足感が胸に降りてきて、凄く良い気持ちになっていく作品だ。特に4部は日常ものとあって、その部分が他の部よりも強い。

 

今はストーリー進行が微妙だとか、スタンドバトルが少ないだとか、山崎賢人が微妙だとか、色々思う所はあれど終盤に向かってドンドン良くなるのであれば、原作ファンとしてはなんら不満はない。

 

個人的には、今後登場する露伴役と吉良役に作品の良し悪しが左右されてくると思うので、ぜひそこに行くまで打ち切りにならないよう祈るだけである。

 

※記事内の写真は映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』公式サイトから引用