SUZUKI YUYA | FXで資産1000万

会社員がFXで資産1000万を目指す。FX・為替を中心に様々なことを執筆。

スノーボードを始めてからTECH2合格までを振り返ってみる

f:id:TheSuzukiYuya:20170204191558j:plain

スノーボードを始めて早11年。

 

間にやってない時期はあったものの、よくここまで続けたもんだなと自分でも思っている。

 

このスノーボードを続けたことによって得られたことはとても多い。

 

形として何か得られたものがあったわけではないが、精神的にはとても成長させてもらうことが出来たなと感じる。

 

スノーボードは上手くいかないことばかりだった。

 

それは今も変わらず上手くいかないことばかりだけれども、上手くいかないことに対して正面から挑むということが出来るようになった。

 

試行錯誤が出来るようになったと言うべきだろうか。とりあえず簡単な言葉で言ってしまえば、努力出来るようになった。

 

ふと思い出すと、ここまで長かったような短かったような。

 

TECH2合格は自分にとってなかなかに嬉しく、自分のスノーボード史の中で大きな節目となりつつある。

 

今回はTECH2合格を記念して、スノーボードを始めた頃からTECH2を合格するまでの道のりを書いていく。

 

振り返り兼備忘録といった感じで感慨にふけりながら書いていくが、同じ雪山を愛するスノーボーダーの参考にでもなってくれれば嬉しい。

 

 

 

 小学四年生で始めてスノーボードに乗る

実はウィンタースポーツをやり始めたのは小学1年生の頃で、最初はスキーをやっていた。

 

おかげで小学校のスケート教室は苦もなくできて、他の子たちよりも上手に滑ることが出来ていた。

 

小学校3年生ぐらいまではスキーしかやっていなかったが、父がスノーボードに転向してから自分もスノーボードを始めた。

 

最初はまったく上手くいかず、1ヶ月ほどでまともに滑れるようになったが、スキーの方がもっと上手に滑れるということで中学校1年生ぐらいまではスキーの比率が多かった。

 

いつ頃からか正しくは覚えていないが、中学2年生ぐらいからスノーボード1本になり、もうその頃にはバッジテストの2級は取っていた。

 

そこからシーズンは山にこもってやっていたものの、上達はしなかった。その理由としては本気でやってなかった、これに尽きる。

 

何故本気でやらなかったかというと、思春期真っ盛りの最中にずっと雪山にこもっているのが嫌で嫌でたまらなかったからだ。

 

当時は本当に帰りたくて帰りたくて仕方がなかった。スノーボード狂の父に従うまま来ていただけで、当然上達もしなかったわけだ。

 

これが高校生ぐらいまで続いていき、社会人になってからはついにやらなくなってしまう。

 

子供の頃はスノーボードに対して嫌なイメージしか持っていなかったが、今となっては不思議と楽しい思い出ばかりで、思い出すだけで「あの頃は楽しかったなぁ」と口角が上がる。


スノーボードを久しぶりにやってみたら

f:id:TheSuzukiYuya:20170509004504j:plain

社会人になってから2年ほどでだろうか。実家に帰った時、久しぶりにスノーボードをやることになった。

 

2年もやってない間に、家族全員でやってたスノーボードはいつのまにか父だけになり、週末を1人で過ごす寂しさから声をかけてくれたのかもしれない。

 

当然、高校生の頃から身体はそんな変わってないとはいえ、板もウェアも何もない状態。唯一、高校生の頃から履いていたブーツは履ける、というか前より足が大きくなっていたせいかジャストフィットする。

 

1〜2回行ったらもう行かないだろうと思っていたが、板とバインディングをセットで父から貸してもらうことになり、ウェアは何故か買ってしまった。

 

もう3月でそろそろ春スキーシーズンだぞっていう時期だったので、ウェアを買ってしまったのは失敗だったなと考えていた。

 

しかし、久しぶりに滑ったら面白いことこの上ない。あれ?スノーボードってこんなに楽しかったっけ?と思えるぐらい楽しい。

 

しかも以前より滑れないと思ってたが、以前より上手に滑れる。ウィンタースポーツの良さは、バランス感覚さえ失われてなければ間をいくら空けても大丈夫な所と、誰かが言ってたのがようやくわかった瞬間だった。

 

父も見ない間に相当上手くなっていて、それにつられて教えるのも上手くなってるもんだから、私もメキメキと上達していった。

 

こうしてスノーボード歴と対比すると遅めだが、ようやく本気スノーボードをやるようになったのだ。


バッジテスト1級に合格する

実はこの復帰した年からTECHテストが正式にやることになり、私のホームゲレンデでも3月後半に初のTECHテストを実施することに。

 

父はもうこの年からTECHテストに向けて練習を重ね、今まで取っていなかったバッジテストの合格にも励んでいた。

 

この時期からスノーボードに対して本気になりつつあった私だったが、仕事の都合上で山に行ける回数は少なく、実はそこまで滑ることができなかった。

 

父のバッジテスト受験には立ち会ったものの、TECHテストにも立ち会うことができなかったほどだった。

 

まぁ、父はこの年にTECHテストに落ちていたので、立ち会わなくて良かったのだが。

 

そしてシーズンが終わり、次のシーズン。

 

前年と比較して山に行ける回数は多くなっていたが、やはり仕事の都合でそこまで行くことができない。

 

しかし、このシーズンはTECHテストに立ち会うことでき、その立ち会うことができた2回目で父はTECH1を合格することができた。

 

このあたりから、「TECHテスト受けてみようかな・・・」とようやく思い始めて、一層増してスノーボードに向き合うようになったのを覚えている。

 

父が合格したシーズンが終わり、次のシーズン。私はTECH1取得に向けて、まずはバッジテストの合格を目指していた。

 

TECHテストはバッジテストの上位級にあたる資格で、事前にバッジテスト1級を合格していないと受けることができない。

 

そう、過去に合格したバッジテストを再度受けなければいけなかったのだ。

 

スノーボードは全て父の教えと独学だったので、JSBAが求める技術をクリア出来るかどうか不安だったが、2級も1級も特につまずくことなく合格。

 

そして来る3月、全国で第3回目のTECHテストを受ける。父もTECH2を取得するため、テストを受けていた。


TECH1とTECH2をストレートで合格する

f:id:TheSuzukiYuya:20170509004440j:plain

バッジテストはいくらか余裕があったが、TECHテストは余裕なんてものはなかった。

 

しかも周りはみんな私より上手なもんだから、さらに受かるかどうかわからない不安は強まる。

 

午前の事前研修を終えた頃には、「これは受からないな・・・」と半分ぐらい諦めていたのを未だに覚えている。

 

いざ午後の本番、テストが開始され受験者達が順番に滑っていく。がここで不思議な光景を目にする。

 

皆さん、練習の時よりも圧倒的に下手じゃありませんか。さっきまでの勢いやキレがまったくない。

 

オイオイ、本番に弱いと言っても度が過ぎるんじゃないの?って感じだ。

 

他の受験者の滑りに違う意味で圧倒されてる中、ついに私の出番が回ってきた。私の実力が試される時がきたのだ。

 

実は午前の研修の時、まったくと言っていいほど滑れなかった。

 

なんせ受験者の中で転倒していたのは私だけだったので、傍から見ると他の受験者達との間には大きな実力差があった。

 

大きな実力差があったはずだが、午前の研修の時よりも私は上手に滑れた。何故だかわからないが、本当に何故だがわからない。

 

ただ、上手に滑れたと言っても、すなわち合格への確信とはならない。

 

試験を終えて合格発表の間は「来年に向けて頑張ろう」と、よくわからないポジティブな諦めがついてたほどだ。というか、もはや帰ろうと思っていた。

 

そして結果発表の時がくる。

 

基本的にバッジテストやTECHテストの場合は、合格者だけしか番号が呼ばれない。そして番号を呼び始める前に合格者の数が発表される。

 

TECH1の時は合格者2名。

 

10人いる中でこの数は絶望的だ。もう落ちたと思ったので、この発表を聞いた時に帰ろうと思った。

 

ですが番号が呼ばれたのだ。今までの不安は何だったんだろうかと不思議になるぐらい、あっさりと番号を呼ばれた。

 

こうしてTECH1をストレートに合格した。

 

TECH2も詳しく書いていきたいのですがTECH1の時と同じで、

 

午前の研修で自信が無くなる→本番で他の受験者が下手になる→何故か本番で良い滑りをする→落ちたと思って帰ろうとする→あっさり番号を呼ばれる。

 

このパターンだった。

 

こんなに余裕ぶっこいて書いてるが、私は合格点ほぼギリギリだったりピッタリの点数を出して合格しているので、余裕があったわけじゃない。

 

それと他の受験者の方が総じて下手になっているが、練習の時と変わらず上手な人もいた。上手い人はどんな時でも基本的に上手だった。


ここまでを振り返ってみて

f:id:TheSuzukiYuya:20170221230717j:plain

バッジテストは合格して当たり前っちゃ当たり前だったが、TECHテストの合格は努力の成果というよりも奇跡に近いところがあった。

 

周りの人にも「ずいぶん上手くなった」と褒められたが、実力よりも偶然の力の方が大きいなと自分で感じている。

 

また自身の努力もと言いつつも、それは周りの人が支えてくれたり、教えてくれたからであって、やはり完全に自分の力だとは思えない。

 

何よりここまでスノーボードをやらしてもらい、何から何まで教えてくれた父には本当に感謝の言葉しか出ない。

 

唯一、自分の力だと思うところはよくわからない本番の強さと、日々のトレーニングの積み重ねだ。

 

なんでかはよくわからないが、昔からよくわからない本番の強さがあり、テスト当日にそれを発揮できたのはラッキーだった。

 

これは後からの分析になるが、おそらく人よりも緊張のピークが来るのが早いのだと思う。

 

他の人は本番でピークが来るけど、自分は少し前にピークが来てリラックスし始めてるみたいな。

 

それとやはり日々のトレーニングの賜物だろうか。

 

週5のランニング、週2の筋トレ、風呂上がりのストレッチに、公園のシャドーボクシング。

 

公園のシャドーボクシングに関しては単なる不審者だが、トレーニングとストレッチに関しては結構効き目があるんじゃないだろうか。

 

ここまで短期間で成長できたのも、きっと身体という土台をしっかりと鍛えていたおかげなのだろう。

 

なんにせよ、これからも気を抜かずにトレーニングはしっかりと続けていきたい。

 

これからのスノーボード

TECH2はあくまで節目であり、これからもまだまだ上を目指していくつもりだ。

 

だが1番はスノーボードを楽しむこと。テストや資格や大会なんて、スノーボードを楽しむための要素でしかない。

 

純粋に滑ってる時が1番楽しいのだから、ぶっちゃけとテストや大会なんてどうでもいい。あくまで楽しく滑ることが1番なのだ。

 

そして楽しく滑るためには少しでも上達していかなければいけない。つまりスノーボードは練習と本番が同時に来るようなもの。

 

そう滑ってる時全てが練習であり、本番であり、楽しんでる最高潮なのである。

 

私は年々スノーボードが好きになっている。いえ年々ではなく、刻々と言うのが正しいだろうか。少しずつですがドンドンと好きになっている。

 

これは楽しい思い出が1つ増えるたび、さらに楽しい思い出が釣られて増えていく、また過去の思い出達も濃くなっていくからなのだろう。

 

これからもこの調子で楽しい思い出をたくさん作っていきたい。