SUZUKI YUYA | FXで資産100万を目指すブログ

FXで資産100万を目指すブログ。他にも投資、貯金、倹約、日記など。

FXにおける損小利大の難しさを実感する。私は鬼になりたい。

f:id:TheSuzukiYuya:20170621012607j:plain

どうも、デタラメな指値注文してしまう私です。

 

記念すべき初トレードは誤タップによる1000ドルの売りだった - SUZUKI YUYA | FXで資産100万を作るブログ

 

前回は誤タップによるレバレッジ10倍でポジションを持ってしまうものも、そこから何とかプラスに転じることができた。

 

ラッキーパンチだったのか、少ないビギナーズラックを全て使い果たしてしまったのか、それはわからない。

 

昨日の反省を受け、むやみやたらにタップしない、ひいてはアプリの使い方を順調に覚えた。

 

覚えてきたところで、しっかりとトレードをしていこうと、今日も根拠に乏しい自信を持ってトレードに望んだ。

 

 

利益よりも損失の方が大きい

数回のトレードで勝ち負けを繰り返していた私だったが、一旦立ち止まり、どれくらいの利益が出たかを確認する。

 

まぁ良くてトントンだろうなと考えていた私だったが、予想よりもトントン過ぎて虚しい感情に襲われた。

 

ん?負けよりも勝ちの方が多いよな?

 

そう思って約定履歴を眺めていると、勝っている回数は多いものの、勝ちで出ている利益よりも負けた時に出ている損失の方が大きいことに気付いた。

 

これが損大利小かの如く

なるほど、これが噂の「損大利小」というやっこさんか。

 

負け組トレーダーをうだつの上がらない泥沼に叩き込んでいる、かの有名な弱者の法則を自身を持って体現していた。

 

これはいかん。目先の勝ちに惹かれて利益が頭からスッポ抜けてしまっている。

 

これを解消するためにどうしたらいいのか、私は考えた。

 

よし、損切りしよう

f:id:TheSuzukiYuya:20170621012627j:plain

「よし、京都に行こう」のノリで損切りをしていこうと決めた。

 

というのも損切りしてこなかったわけではないが、損切りが甘いというか、「立て直すんじゃね?」と根拠の無い自信を持って損切りを遅らせていた。

 

これが損大の大きな原因と考えたので、まずはどんな状況でここまで損失が出たら損切りするルールをとりあえず決めた。

 

それは2pips以上マイナスになったら切る。なんでこの基準になったかよくわからない基準だ。

 

なんでかはわからない。自分でもちょっと早いかなと思っている。でも私の本能が、「戻るって信じるなら切ってポジション持ち直せば良くね?」と告げてきた。

 

 損小利大に転じる

このルールのおかげか、そこからは損小利大に転じることが出来た。

 

一応の損切りルールを決めただけで、どこまで利食いするかとか決めていないが、負ける時は損失を小さく、勝つ時はそれよりも利益を多くすることが出来た。

 

たまたまだったのかもしれないし、利大と言ってもわずかなのでたかが知れているが、トレーダーとして一歩前進できたと確信している。

 

ただ、未だに損失が膨らんだ時に唖然としてしまうので、鬼の心を持って損切りできるようになりたい。

 

てぇぇぇあああい!

 

と絶叫しないで約定ボタンを押せるように、私はなりたい。

 

罪深きものが落ちる地獄、そこに佇む薄暗い洞窟の中、トレーダーにポジションを持たせてはひたすら切る無慈悲な存在。私はそんな鬼になりたい。

 

米経常収支、1236億ドル程度の赤字予想

f:id:TheSuzukiYuya:20170621012703j:plain

そんな鬼に近づく損切りルールを決めて、良かったと実感したトレードがある。

 

トレードを重ねている私に指標発表予定の一報が届く。というかみんなに届いた。

 

なんかアメリカの経済収支?みたいなのが発表されるらそうだ。よくわからんけど、この発表の前後で相場に影響が出るのだけは直感で理解した。

 

あれ?これはチャンスなんじゃないか?と思って予想を見ると、1236億ドル程度と前回よりも12億ドル程度の赤字増幅と予想されていた。

 

ということは、これは今のうちに売りポジションを持っていれば安く買い戻すことができるのではないかと、私は予想した。

 

21時半発表予定と書いてあったので、3分前の27分には売り建てして戦いに備えた。これで後は発表を待つだけだと。

 

さすが大事な経済発表、予定通りの時刻に発表された。が、私のチョコレートよりも甘い予想が外れ、実際は1168億ドルと前回よりも持ち直していた。

 

それに釣られてドンドンとドル円の買いが増えていく、チャートがズンチャカズンチャカと昇っていく、まるで水を得た魚のように。

 

鬼の損切りルールを発動する好機

そこからの私は早かった。

 

これはこのファンダメンタルズ的に、どんどんと上に引っ張られていくだろうなと予想を立て、所定のルールに従い損切り。間をおかず、すぐに買いポジションを取った。

 

するとどうだろうか、やはり予想通りズンチャカズンチャカとチャートが上に引っ張られていく、まるで恐れを知らぬ戦士のように。

 

だが利食いできず

上がると予想し、実際に上がったは良いものの、「これぐらいは上がる」と予想しているところまで上がらなかった。

 

そこまで上がってから利益を確定しようと考えていたので、ズルズルと下がっていくチャートを眺めるハメになる。

 

指をくわえて、上下に揺れるチャートをひたすら眺めた。

 

だが、結局目論見通り上がらず、米10年債利の低下幅拡大にともないチャートが下に引っ張られていった。悲しかった。

 

結局、大した利益を出せず約定し、利食いできなかったことをおおいに反省した。

 

SBIFXトレードのおかげ

結局、この日はトータルで見ると利益を出すことができず、0.8円と実にしょぼい結果に終わってしまった。

 

 しかしよく見ると500円ぐらい増えてる・・・?と思ったら、SBIFXのキャンペーンによるボーナス金だった。ありがとう。

 

なんだか勝ったのだか、負けたのかよくわからない日だったが、利食いと損切りについての経験を積めたような気がするのでよしとしよう!

 

ドル円、方向感に定まらず 〜ポジションを取り戻せ〜 - SUZUKI YUYA | FXで資産100万を作るブログ