SUZUKI YUYA | FXの兼業トレーダー日記

兼業トレーダーがFXで資産1000万を作って専業トレーダーを目指す日記。

スイングトレードを始めてたった3日間で資金の15%を失いました

f:id:TheSuzukiYuya:20170620010628j:plain

スキャルピングだけではまったく勝てないジレンマを解消すべく、トレード手法にスイングトレードを加えた。

 

スキャルピングオンリーの厳しさを実感する - SUZUKI YUYA | FXで資産1000万を目指す

 

早速、今週の火曜日からスイングトレードに挑戦してみたので、記録に残しておきたいと思う。結論から言うと、三振空振りである。1回ぐらいはファールボール出せたかな・・・。

 

3日間でマイナス150.54PIPS

すごい。そこらへんのトレーダーが1ヶ月くらい掛けて負ける取るPIPSを、私はたったの3日間で取ってしまったようである。

 

そして相場に呑まれた損失は資金の15%だ。

 

資金の30%を失うと以前の資金まで戻すのは非常に難しく、ほぼ壊滅状態となるらしいが、大丈夫、まだ15%ある・・・・。

 

なんて呑気には構えていられない。これは真摯に受け止め、しっかりとトレードを見直さなければいけない。

 

ということでレッツ反省タイム。

 

週間の予測がイマイチである

その週はどこが頭なのか、底なのか、その予測がイマイチであるとつくづく感じる。この予測ができなければ、どこがグッドなエントリータイミングなのか、まったくわからない。

 

グッドなエントリータイミングでポジションを持たなければ、当然トレード利益を出すことは出来ない。だが逆を言えば、もっとしっかりと予測を立てられたのなら、もっと損失を減らす、あるいは利益を出すことが出来る。

 

どう解消するかだが、やはり情報収集が重要になってくるのではないだろうか。

 

最近になって、どんな情報が有益なのかがほんの少しずつ理解ってきたので、効率良くなおかつ有益な情報を得られるようになってきた。これをもっと精錬していけば、今よりも情報収集の質はアップ出来る。

 

それとその情報をどう活かすかも重要だ。要は整理、理解を深めるのだが、これに関してはひたすら勉強、そして経験しかない。負けながらでも経験を得て、勉強したものを裏打ちしていくことが重要であると考えている。

 

そうして情報を整理し、理解し、予測し、トレードに反映させていけばおのずと利益は出る。

 

ま、これが究極であるな。このスキルを強化出来れば、必然的に利益は伸びるでしょう。問題はこれを出来るようになるまでに何十年掛かるのか、という話である。

 

そもそもスイングトレードになっていない

f:id:TheSuzukiYuya:20170818002650j:plain

よくよく考えれば、この3日間、私がしたトレードは本当にスイングトレードだったのか?

 

スイングトレードという名のデイトレードだったのではないだろうか?というよりスキャルピングなトレードもあったのではないだろうか?スイングトレードとは一体なんだったのだろうか?

 

型にハマらないと言えば聞こえは良いものの、まったくノンルールトレードであった気がする。

 

スイングトレードを理解する勉強が必要

ここまで来て思ったが、やはりスイングトレードに対する理解が低いのではないだろうか。

 

私自身、長期でポジションを持つトレード程度の認識しか持っていなかった。だがスイングトレードは単純に長くポジションを持っていれば良いものではない。非常に当たり前のこと言ってしまうが。

 

スイングトレードはスイングトレードの考え方、ポジションの持ち方、よく考えればそういったことがあるのは当たり前だ。そういったスイングトレードの要点、それらを理解するための勉強をするところから始めないといけない。

 

勉強しながらルールを模索する

まずはスイングトレードを勉強し、要点を理解してトレードに臨もう。そしてトレードから得た経験から、自分のルールを模索していこう。

 

非常に初歩的なことだが、この超初歩的な事から勉強しなければ、今の私は永遠に相場の肥やしになってしまう。

 

勉強が足りない、予測精度が低い、情報理解がなっていない。これらは永遠の課題であって、負けた理由ではない。何故、自分のトレードがダメなのか、そのダメな所が本当の負けた理由である。

 

今の私ではその敗因を認識することすら出来ていないのだから、まずはそこを認識できるぐらいのレベルになるまで勉強をしなければいけない。

 

一応、形だけはスイングトレードをしていて、ポジションを保有し続けている。良い具合でクローズして、週末にでもトレードと相場の分析をした週記でも書こう。