SUZUKIYUYA.COM

FX、株式、仮想通貨、商品、債券、トレードで人生を素晴らしいものに変える

好きなことで生きていく?ブログに取りつかれ、ブロガーへの夢が捨てられなかった男の末路

 好きなことで生きていくー、これはYoutuberを売り出す時に使われたキャッチフレーズだ。元々、このフレーズはブロガー界隈でも使われていた言葉で、さらに元を辿れば情報商材ビジネス全盛期の時代、いわばアフィリエイトのバブル期に使われていたフレーズでもある。

 

2014年、その言葉に魅了され、取りつかれてしまったある男がいる。「俺も好きなことをブログに書いて生計を立てるんだ!」、彼はそう高らかに宣言し、仕事の傍ら黙々とブログを書き始めた。

 

彼は書き続けた。大して儲からないジャンルのサイトを作り続けた。それから4年の時が経ち、彼の口座には毎月5桁の金が入金されるようになった。昼夜を問わず書き続け、幾星霜の時を注ぎ込んだサイトたちは、たった5桁の金額を稼ぐだけで精一杯だった。

 

彼は言う。「ハァハァ・・・ブログ・・・ブログを書かせてくれぇ!」

 

この男は末路とは?一体、彼は現在何をしているのだろうか?

ブログのモチベーションはどこから沸くのか?

 その哀れな男とは、私のことだ。何を隠そうか、私は最近、2018年7月末まで隙間を縫って書き続けてきた。その結果はどうだったろう?あまり喜ばしくなかった。もちろん、月間の収益は5千円を超えているので、ブロガー・アフィリエイト総合ランキングではTOP10%に入賞している。つまりエリートなのだ。

 

だが最近は専ら仕事と投機ばかりで時間が無い。朝を起きてすぐに仕事、そして夜中の12時までそれが続く。朝食30分、昼休憩30分、入浴時間15分、夕食15分、就寝前の30分、これが私の自由時間の全てだ。休日は平日に貯めた用事をこなすのはもちろん、投機の研究と勉強にずっと時間をかけている。

 

これで投機の成果がボチボチならじゃあブログに絞ろうか、なんて考えたものの、私が投機を始めてすぐに「ブログよりも投機の方が将来性がある」と予感した通り、投機の方は非常に結果がよろしい。そうなると何故大きい利益を捨てて毎月5桁の利益を守りに行くのかが訳がわからない。ハッキリ言ってしまうと投機に手を染める内に、ブログより投機の方が好きに、そして得意になってしまった。

 

もうブログを捨てて投機に集中した方が、全てにおいて良い結果を生み出す。それはわかりきっていることだが、何故か私の頭からはブログが離れない。ブログが書きたい。文章が書きたいのではなく、ブログが書きたくてたまらない!

億トレーダーや富める投資家が文章を書く理由

 私は前々から疑問に思ってきたのが、億トレーダーや大きい資産を持つ人間がなんで文章を書いているかというものだ。前々から薄々は気づいていたが、これらの人間は「自称」であり、そして投資や投機で成功出来ていないから文章を書いているのだ。

 

断言する理由は、億トレーダーなら取引していた方が稼げる、富める投資家ならポートフォリオを精査していた方が有益、だからである。この世界は面白いことに、少しの度胸と精神力があれば、1つのアイデアで大金が稼げることだ。それをせずに稼げもしない文章をスコスコ書いているのは、大して稼げない、つまりは能力がないことを証明しているのだ。

 

ただし例外が1つある。それは文章を書くことにより資金効率がアップする場合だ。文字単価が非常に高くスキルがある、またはアフィリエイトで稼げる見込みのあるトレーダーや投資家などだ。ただわかりきっていることだが、こういう部類の人間は早々いない。

 

アフィリエイトやブログ、ライターなどで稼いだことのある人間ならわかるかもしれないが、この世界は稼ぎの天井が限りない代わりに非常に稼ぎ辛い。相当の才能やスキルが無ければ、上には上がれない。私もそうだ。

 

そして稼げる投機家や本当の投資家ならわかるだろうが、これらの稼ぎよりも自分の資産を動かした方が圧倒的に効率良く資産を増やせる。広告・ライターの収益よりも遥かに良く、それらを簡単に上回ってしまう。

 

これらの理由から、アフィリエイトやライターを頑張っちゃってる人たちは、似非の投資家または投機家である。

非正規より正規雇用者

 非正規よりも正規雇用者の方があらゆる面で優遇されている。これはもう一つ、上記の稼げない似非どもを証明する一つの理由だ。

 

会社を辞めてライターやアフィリエイトで食いつなぎながら投資をするより、会社員の身でそれら資産運用をやった方が遥かに安定し、良いパフォーマンスを出せる。これは確定申告や社会保障費について理解している人間ならすぐにわかるだろう。

 

ということはメディアに登場する億トレーダーや富める投資家は、会社員・文筆業・資産運用の3点で金を稼いでいる。こんな状態でまともに資産運用を出来るのか?否、不可能だ。相当、資産運用のパフォーマンスを落とさなければいけなくなる。

 

ただしこれも例外がある。それは文章が主で資産運用がサブの場合である。資産運用はほったらかしでも良い部分があり、その部分を最大限利用している形だ。私も以前はこの形にしようと考えていた。

 

最近の投資クラスタあたりでの良い例はバフェット太郎だろう。彼の投資理論は隙が小さくシステマチックにしているため、資産運用をサブにしてアフィリエイトを主に出来ているのだ。こういう頭の良い人間は少数はいる。

 

わかるね?巷に溢れている似非どもは自分の知識や能力を売り物にして文章を書いている。ただ、彼らの場合は文章での能力が資産運用の能力を上回っている。ということはだ、彼らの書く内容なんてたかが知れているのだ。

 

実際、最近になって「お前、自分でも何を言っているかわからないだろう?」みたいな随筆家たちを多く目にするようになってきた。資産運用のお手本を探す時は、自称専門家より、バフェット太郎などのよく勉強し経験がある投資家か、または別の事業で稼いでいて資産運用している頭の良い人間を習った方が良い。

ブログを書く理由がわからない

 話を戻そう。そうだ、私がブログを書いている理由だ。正直、これは好き以外にない。12年前、ゲームの掲示板巡りから掲示板を作る側になり、ゲームに関するブログを運営していた頃のあの興奮、あの過疎の中に濃密なコミュニケーションが生まれる瞬間、自分の記事を見てもらったり意見を貰える喜び、それらが強烈な体験として頭から離れない。

 

この記事にもう1時間も費やしている。本当はサクッと15分で日記を書くつもりだった。もうブログは稼げないからこれからは好きなことをストレス発散で日記形式で書こう、それも他の有益な時間を削っては毒だから15分でだ、と決めたつもりなのに初日から大幅オーバーしている。こりゃ4日分だぞ。

 

久しぶりに稼ぎを意識しない記事を書いた。まるで昔に戻っているみたいだ。おそらく、この記事は1円の価値を生まないだろう。価値ある日記を書けるのはSPINDLE作ったガクトぐらいだ。

 

今日はお盆連休の最終日。しばらく行けないであろうカラオケ、そして投機の勉強するための読書、美味しい夕飯とイッテQ、感性を豊かにするであろう映画鑑賞、休日の私は日ごろのストレスを解消するために死ぬほど予定が詰まっている。こんな記事に1時間も費やす暇などは無いのだ!