SUZUKI YUYAの投機術

投機で経済的成功を求める投機家が随筆する「金融・経済の多岐に渡って活用できる投機術」

FXで稼ぐには少額で強欲を抑え、トレードが回数を少なく安定させる方が良い

FX,少額,

 この世には勝てるトレーダーよりも勝てないトレーダーの方が多い。負けているトレーダーは常日頃どうして勝てないのか悩んでいると思うが、今回はそれを解決する1つの考え方として「トレード回数」について考えていこう。「トレード回数が少ない方が稼ぎやすい」を結論とし、なぜトレード回数が多いと稼げないのか?そしてトレード回数が減ると稼ぎやすい理由を書いていく。

稼げない人はトレード回数が多い

これは「ポジポジ病」という名でよく呼ばれているが、FXで稼げない人は無駄にポジションを建てる回数が多く、結果的に負けトレードが多くなっている傾向がよく見られる。薄い勝算と利益に目が眩んでポジションを建て、損切りしてから「トレードしなきゃ良かった」なんてのは稼げなかった頃は誰しも経験あるのではないだろうか。トレーダーとしての基本的な技術を習得し、ある程度の勝ちトレードが出来ているのに、トータルでは負け越すというのはトレードの質が悪いということだ。トレードは数撃ちゃ当たるものだが、当たる頃には資産が減っているのでそれでは勝てない。

 

稼ぎたいなら欲を捨てる

  負けるトレードはどうやって生まれるのか?それは欲を描いてチャンスではない場所にポジションを建てた場合から生まれることが多い。もちろん強いチャンスでも負ける場合はあるが、チャンスに見せかけた中途半端な状況だったり、リスクを鑑みずに良い結果だけを想像し理解不足のまま状況だったり、負けトレードの大半はそういった状況で生まれる場合が多いのだ。

 

これら判断の誤りは自身の欲から生じる。欲が思考を濁し、正常であるはずの判断力を鈍らせる。つまり負けトレードの元凶はFXで稼ぎたいという強過ぎる欲である。稼ぐため、資産を増やすためにFXをやっているのに本末転倒のように感じるが、稼ぐために欲を捨てる境地に達さなければならない。

負けトレードを減らした方が稼げる

 FXの世界は、成功は利益を意味し失敗を意味する厳しい世界だ。勝てば即座に資産は増えるが負ければ即座に資産は減る。小さい勝ちを少しずつ積み上げても、大きく負けて損失を出すとトータルで勝てない、いわゆる「コツコツドカン」だ。これは利率がモノを言う投資&投機の厳しい世界ならではの現象である。

 

それと同様、勝ちトレードでせっかく資産を大きくしても、資産が大きい状態で負けトレードをすることで、勝敗数はさほど偏っていないのにトータルでは結構な損失が出ている場合が多い。負けトレードをするということは、相応に資産が減るということ。1トレードで同率の利益が出るようにルールを持ってトレードしていれば、減った後の資産では負け分をすぐにはカバーできない。この状態にハマってしまうと実力はあるのに稼げない惜しいトレーダーになってしまう。

負けなければ複利の力を味方に付けられる

 ということは負けトレードさえ減らして勝率さえ高めることが出来れば、同時に資産の成長率も高まり、結果として稼げるということになる。これは資産を減らすことなく順調に勝ちトレードを重ねることができれば複利を味方に付けることができるからだ。無論、全てのトレードで勝利することは不可能だ。ただ、安定的に利益を積み重ねることが出来れば短期売買ならではの強力な複利の力を味方に付けられる。

勝っても負けても何とも思わない金額でやると良い

 

 ではどうすれば稼ぐために稼ぎたいという欲を捨てれるのかと言われると、その方法は「勝っても負けても何も感じない金額でトレードする」だ。この感覚はデモトレードや少額でトレードしたことがあるのならば経験したことがあると思う。勝っても嬉しくない微々たる利益、負けてもどうとも悲しくない僅かな損失。そんな感覚でトレードするのが最も精神的にベストであり、正常な思考を保ったままでいられる方法だ。

 

 そんな金額でトレードしても楽しくないかもしれないが、トレードで感じるスリルを目的にFXをしてはならない。最も重要なのは稼ぐこと、資産を増やすことだ。そのためにレバレッジを落とす、もしくは運用する資金を減らし、思考を正常に戻す。そうして負けトレードを減らして安定して利益を重ね、複利を味方に付ける。そうすれば後から振り返ってみるとインパクトのある利益を叩き出すことが出来るだろう。

負けを挟めば利益率は大幅に落ちる

 負けているのに少額に切り替えれないのなら、実際に複利を使った資産成長率を計算してみると良い。これが意外にも印象が強く、アインシュタインが唸るのも頷けるだろう。欲張ってトレードして負けを増やすよりも、安定したトレードを優先した方が稼げるなんて、勝つことばかり必死に考えていると案外よく理解できてないことがわかる。

 

 半年とか1年とか2年とか、そんな長い目で考えられないのだと言うのなら、そもそも考え方を変えた方が良い。FXをやめるべきだとは言わないが、その思考では一向に勝つことができない。FXをやるよりも他に副業なんかした方が稼げるだろう。何事も長い目で見て考えなければ稼ぐこともできないし、人間は成長することはできない。当たり前ではあるが原理原則として活用できれば、この考え方はあなたに利益をもたらすだろう。

少額トレードで勝ち組トレーダーに転身

 少額で欲を抑えて精神をコントロールし、トレード回数を少なくすると共に負けトレードを減らし、安定したトレードで利益を重ねて複利の効果を発揮させる。これがFXトレーダーの理想のスタイルと言っても過言ではない。特に少額に抑えることは遠回りに見せかけ、実は最も素晴らしい近道であることは特筆すべき点でぜひともあなたの資産運用の技術に加えるべきだ。

(ジェフ・ベゾスから世間は何故あなたの手法を真似しないのかという質問に対して)

ゆっくり金持ちになろうとする者は居ないからだ。だれもがすぐになろうと金持ちを目指す、それが真似されない理由だ 

ウォーレン・バフェット

  誰もが出来るのならすぐお金持ちになりたい。FXで稼ごうとする開拓精神を持っているトレーダーなら事なおさらである。稼ぐという強い気持ちがあるからこそ、欲をグッと抑えて長期的なスパンで資産を運用するのだ。強欲は資産を食い尽くし身を滅ぼす。そうなる前にさっさと少額でのトレードを始めるべきだ。