SUZUKIYUYA.COM

FX、株式、仮想通貨、商品、債券、トレードで人生を素晴らしいものに変える

FXは平日24時間取引可能だが土日は休みになっている理由

FX,取引時間,土日休み,

 私はFXを始めて驚いたことの1つとして、平日は24時間ずっと取引が出来るということだ。そしてキッチリ土日休みを取っていることにも驚いた。24時間いつでも取引出来るのは朝方から夕方まで働く人たちにとってはとても嬉しいが、どうやって24時間回し続けているのか?そしてなぜ土日が休みになっているのか?そんな素朴な疑問を持っていた。これは私だけではなく多くの人、特に初心者にとって気になることだと思うのでその理由を解説をしていこう。

インターバンク市場は銀行間取引

  為替取引は基本的に金融機関のみ参加しているインターバンク市場で行われている。ここに参加している金融機関はほぼ銀行であり、インターバンク市場の大半は銀行間取引である。インターバンクと呼ぶだけあって銀行間取引は国内だけでなく世界中の銀行間で行われている。

 

 インターバンク市場では銀行同士が短期的な資金不足、ドル不足や円不足などを補うための取引が中心になっており、顧客からの注文が入ると銀行は注文に合わせてインターバンク市場で調整を行うカバー注文をする。

 

FX会社も同じように我々から注文を受けるとカバー取引が行うのだが、実はFX会社(証拠金会社)はインターバンクに直接アクセスできない。そこで銀行へカバー注文をするのだ。そしてFX会社からカバー注文を受けた銀行はさらにインターバンク市場へとカバー注文を出す。

 

つまり我々の取引はFX会社を介して銀行へ伝わり、その銀行がインターバンク市場を通してどこかの銀行へ流れているのだ。これは意外にも知られていないことだが、銀行が開いているおかで我々はトレーダーはトレードが出来るのだ。

FXの取引時間はインターバンク市場の取引時間と同じ

 インターバンク市場の取引時間は世界中どこかの銀行が開いていれば続き、世界中の銀行が閉じてしまうとインターバンク市場も閉じる。日本の銀行は朝8時に開いて15時ほどで閉めてしまうが、その頃にはどこか違う国の銀行が開き始め、これを繰り返すことにより、インターバンク市場はラリーしていく。

 

つまり平日は必ず世界中のどこかの銀行が24時間ずっと開いているということであり、FX会社も営業を続けられるのでFXも可能ということである。 世界中の銀行が閉じてしまうようなことが無ければ、取引はどこかの国の銀行が受け持ってくれるので平日24時間ずっと取引可能になっているのだ。そして世界中の銀行が営業を休む土日はインターバンク市場が閉じるため、FXも土日はトレードが不可能なのである。

スポット取引を円滑に進めるために土日休み

その眠らない市場を稼働させ続けているタフな銀行達だが、唯一世界中全ての銀行が閉じてしまう事情がある。それは我々の仕事に休日があるように、銀行員にも土日休みという休日があるからだ。

 

FXでデジタルな値動きを追ってトレードしているとついつい忘れてしまうが、現実世界では資金が実際に動いている。この日々大量に行われる資金移動を受け持っているのが銀行員なのだが、この資金移動という仕事は想像以上に人員を使うハードな仕事である。

 

我々のFXの取引は「スポット取引」と呼ばれ、基本的に2営業日後に決済されることになっている。これは各国の銀行で取引する際に時差を勘案しなければいけないことが理由なのだが、我々の取引は発生してからほぼ全てが2日以内に決済(資金移動)が完了させなければならない。

 

さきほども述べたがこの資金移動は人員も神経も使うハードな仕事だ。為替レートはストップを掛けても止まってくれないし、バックと叫んでも戻ってくれない。もし金額を間違えてしまえば受け持った銀行は損失が発生する。金利や運用益で収益を成り立たせている銀行が頻繁に損失を発生されば、通常のビジネス同様に潰れてしまい、それこそインターバンク市場の稼働も危うくなる。

 

そこで損失を回避し、そして顧客に迷惑を掛けないため、ミスが発生しないよう100%正確に行えるように人員(と集中力)を確保しづらい土日は営業を休んでしまうのである。

銀行が為替取引市場を回している

 以上のインターバンク市場の仕組みは、外国為替の基礎であり基本である。我々トレーダーは銀行とは直接取引をしないので目に見えない部分ではあるのだが、我々も銀行が形成する為替市場で取引してること、銀行あってのトレードだということを忘れてはならない。

 

 2018年から徐々にブロックチェーン技術が実用化に向けて動き出しており、この銀行間取引(送金)もブロックチェーン技術を応用することにより、もっと低コストになるのではと見込まれている。それにより土日休みが無くなれば、FXも土日にトレード出来るようになるかもしれない。

 

それはそれでまた市場が変化し新たな局面を迎えると思うので実に楽しみではあるが、今はバックオフィサーと呼ばれる銀行員の方々に感謝しながらトレードしていきたい。