SUZUKIYUYA.COM

FX、株式、仮想通貨、商品、債券、トレードで人生を素晴らしいものに変える

日銀の超長期国債買い入れ額が100億の減額で円高

f:id:TheSuzukiYuya:20180301091850j:plain

昨日はこれから108円台節目の攻防になると踏み、ロングポジションの積み増しを行った私だったが、午前中に日銀の国債買い入れ額の減額が判明し、ドル円は円高へと振れてしまい、私はマイナスポジションを抱えるハメになった。

円高だがドル高でもあるのが救い

一応、訂正しておくと私の見立てが完全に外れたわけではなく、今回の日銀の行動によって円高にはなっているがドルは他主要通貨に対して上げており、円の方が強いだけでドル高ではある。パウエル氏が年4回の利上げについて含みを持たせたおかげで潜在的なドル高になっているといった予想は外れていない。

 

日銀の国債買い入れ額の減額は、「円高基調が一服した所で発表する予定だった」との見方が強いが、私から言わせれば「SUZUKI YUYAが調子乗ってるからヤッちまおう」的な制裁に近いものであった。事実、安く拾おうと指値を出して3分後に減額判明と、まるで仕組まれたかのように落ちるナイフを掴んでしまったのだ。こんな1人の投機家相手にそんなことはしないだろうが、タイミングが神すぎてそう思わざるえない。

日銀は積極的な緩和を続ける

3月1日10時半からの片岡日銀審査員の講演では、引き続き緩和を続ける方向性で話がされたがこれは予想通りで、問題としては黒田総裁の発言で円高に振れる可能性があったことだ。がこれも相場を大きく動かすような発言はなく、市場は反応しなかった。

 

この講演に対しては少しヒヤヒヤしていた。パウエル氏の初証言を受けてドル高基調への路線変更に入った所に水を浴びせる形になるかもしれないと考えていたからだ。落ちるナイフが加速するのは傷が深くなる。

ポジジョンそのまま

高値で掴んでしまったが、私の見立ては変わっておらず雰囲気もまだ変わってないように見えるのでドル円ロングは変えず、多少の含み損は抱えそうだが流れが変わるまでは積み増したポジジョンは維持する。

 

今度は米雇用統計などのイベントと当たってしまうが、FRBのスタンスを見る限りは当面ドル高は変わらなさそうだ。