SUZUKI YUYAの投機術

投機で経済的成功を求める投機家が随筆する「金融・経済の多岐に渡って活用できる投機術」

仮想通貨SPINDLEが投資として話にならない理由

SPINDLE,Gackt,

 芸能人であるGACKT(大城ガクト)氏が事業メンバーとして参加しているということで、2017年末に投資家界隈をちょっと賑わした「SPINDLE」。真偽のほどはわかないが2018年も順調にプロジェクトは進み、海外からの投資を集める段階に入ったらしい。

 

私自身もその謳い文句に興味をそそられ色々と調べて見た所、投資や投機どちらに適したものではないと確信した。と同時にこれはリスクを理解できないまま資産を投じる人が増える前に警鐘を鳴らさなければならないとも確信したので、今回は仮想通貨であるSPINDLEが投資としても投機としても話にならない理由を話そう。

SPINDLEとは

 SPINDLEへの投資リスクを説明するには、まずSPINDLEを理解する必要がある。SPINDLEとは2つの側面を持ったものである。仮想通貨としての「SPINDLE」、そしてマッチングプラットフォーム「ZETA」の取引通貨としての「SPINDLE」。詳しくはオフィシャルサイトのホワイトペーパーを読んでもらいたいが、ここで簡単に説明しよう。

 

まずは1つ目は仮想通貨としての「SPINDLE」。これはまんまビットコインとかと同じ仮想通貨であり、SWIFTのシステムをブロックチェーンが肩代わりして為替手数料を下げることが出来るメリットも他の仮想通貨と同様である。

 

そして2つ目は「ZETA」を使用するチケットという価値。「SPINDLE」が他の仮想通貨と違う点(付加価値)として、個人ユーザーと仮想通貨ヘッジファンドをマッチングさせるプラットフォームである「ZETA」での対ヘッジファンドとの取引において、円やドルなどの通貨ではなく「SPINDLE」を使用できる、というかそれでしか取引できない所だ。

 

つまり仮想通貨としての金融商品性とサービス利用するためのチケット(ポイント)、この2つの価値がSPINDLEの価値である。よくわからない人にはこれだけ聞くと素晴らしいアイデアのように聞こえる。ところがどっこい、この仕様が1番の厄介なのである。厄介な理由は後述するので、一旦置いていて欲しい。

 

仮想通貨自体が適正価格を非常に計算しにくい

ここからが本題の投資や投機に向かない理由を書いていく。適していないと断言する理由の大元は「仮想通貨は適正価格が計算しにくい」ということだ。いきなりトドメを刺しに行くようで申し訳ないが、仮想通貨自体がそもそも素人にとって非常に複雑怪奇で摩訶不思議is難解でリスク高いのだ。では何を持ってリスクが高いかと判断しているかと言うと、現在の仮想通貨を買う理由を値上がり以外に正確に答えれないからだ。

 

仮想通貨というもの自体は、ブロックチェーン技術を用い国境の垣根を越える非中央集権的な通貨として生み出されたものだ。円やドルなどの通貨は国の信用力を担保にして価格としていたのに対し、仮想通貨は仮想通貨に対する人々の信用を担保に価格とする。

 

仮想通貨は人々の信頼性から価格が成り立っている人々の信用イコール価格、つまり信用相応の価格となる。では信用の根拠は何なのか、というか根拠とは何なのか、となると答えは見えてくる。根拠とは価値、価値とはそのものが生み出す生産性である。

 

株式であればその会社が生み出す利益や株主配当、不動産であれば賃貸収入やそこで取れる農作物など、そのもの自体の生産性が価値となり、その価値を加味した上で価格が付く。では仮想通貨の生産性とはとなると何もない、あっても数KBからMBぐらい。

 

あなたの財布に入っている小銭や紙幣が時間を経ても何も生み出してくれないのと同じで、仮想通貨もそれ自体から何か生み出すわけではない。つまり仮想通貨の価値はイコール価格である。価値イコール価格ということは、仮想通貨を投資として買う理由が「価格(価値)が上がるから」ということになるわけだ。

 

では何故、価格(価値)が変動するという根拠があるのか?という問いに戻って相互作用が完成する。この互いの数字が互いの変数になると正確な数字を出すことは不可能、つまり適正価格を計算することは不可能ということだ。

 

投資というのは適正価格を計算した上で将来性を加味して行うもの。元々、適正価格を計算できないモノを価格変動だけ読んで投資をするのは投資ではなく投機だ。投機とギャンブルは似て異なるものだが、まったく理解もせずギャンブル性を薄めないままに資産を投じることはギャンブルである。

 

賭場へ資産を投じることは投資ではない。誰から見てもギャンブルはギャンブルである。投機で利益を上げるトレーダーという職業も存在するが、トレーダーは豊富な経験と地道な研究を必要とする仕事なので、理解もせずに投資をしようなどというド素人にはオススメできない。

仮想通貨ヘッジファンドとのマッチングプラットフォームZETA

SPINDLE、引いては仮想通貨自体の価値の測り方の難しさは理解出来ただろう。次に取引プラットフォームのチケットとしてのSPINDLEの価値の話になるが、価値を探っていく仮定でZETAという事業自体の評価をしなければならない。

 

ZETAは仮想通貨ヘッジファンドへ投資できるプラットフォーム、わかりやすく言うのならば仮想通貨ヘッジファンド専用の証券会社だ。このプラットフォームを利用するにはSPINDLEを保有し、ヘッジファンドにはSPINDLEで投資しなければならない。

 

ヘッジファンドを超簡単に説明すると、株価が上がるであろう会社Aにロングポジションを作り、株価が下がるであろう会社Bにショートポジションを作り、ロングとショートの両方を活用して利益を出そうといった手法である。

 

何故こういった手法を使うかというと、株価の上下には基礎的条件(好景気、不景気等)が強く影響してくる。好景気であればロングポジションは利益を出し(ショートポジションは損失)、不景気であればショートポジションが利益を出す(ロングポジションは損失)。つまり好景気の時はショートポジションに足を引っ張られ利益は減るが、不景気になったらショートポジションのおかげで損失を減らすことが出来るわけだ。

 

こうやって利益を代償にしながらも資産を大きく減らすリスクを少なく(ヘッジ)する。加えてファンドマネージャーが優秀であればロングとショートどちらも利益を出すことでハイパフォーマンスを出せるというのがヘッジファンドの特徴で、20世紀には着実に資産を増やせる可能性が高い投資先として名高いファンド形態だった。

仮想通貨ヘッジファンド自体の将来性

2018年に入ってからゴールドマン・サックスやソロス・ファンド・マネジメントなどの有名な機関投資家らが参入しているが、仮想通貨をメインとしたヘッジファンド自体の将来性について良いイメージが思いつかない。

 

ロングとショートどちらも活用して利益を上げる、こう聞くと良さげに見えてくるが、じゃあ何を根拠にポジション作る気なんだ?という話になる。そう、これは仮想通貨の適正価格の計算仕方が問題として出てくる。結局はロングにしろショートにしろ、何かの根拠を持ってポジションを作るのだろうから、ポジションを作る前に根拠を作らなければいけない。

 

要は仮想通貨自体を正確に理解することが現状不可能なのだから、それにヘッジして利益を出す方法も正確には理解できないということである。高度な金融工学を使う?最新最強のAIを使う?参入したファンドや仮想通貨ヘッジファンドは何らかの手法を用いて取引をするのだろうが、どんな取引をしているか理解できないファンドへ資産を投じることはギャンブルに近い。プロであるファンドに任せるのにも、ある程度の理解は必要なのだ。

 

私なら仮想通貨ヘッジファンドへ資産を投じることはしない。自身の理論を用いてなら仮想通貨をトレードするが、何を根拠に取引してるか理解できないならプロであっても資産は任せない。理解できないことはリスク、このリスクを抱えている限りは仮想通貨ヘッジファンドに将来性は見い出せない。

 

ヘッジファンドがポートフォリオの一部に仮想通貨を組み込むなら気持ちもわかるが、仮想通貨でポートフォリオを組むのは話題の仮想通貨で手数料稼いでやる、といった気持ちしか見えてこない。もし仮想通貨ヘッジファンドに投資したいのであれば、なおさら仮想通貨インフラや価格変動が落ち着いてからでも良いと私は思う。

SPINDLEとZETAの事業性

 

ここからは単体ではなくSPINDLEとZETAをセットにした際の事業性について批評していく。最初の方に話した通りSPINDLEは、仮想通貨と仮想通貨ヘッジファンドへ投資するチケットの2つの側面を持つ。仮想通貨SPINDLEへ投資することはZETAという事業に投資することと同義であり、いわば株式のような見方もできる。となればSPINDLEとZETAをセットにして事業性を見て行かなければ最終的な投資判断はできない。

ユーザーが直面する2つの問題

BLACK STARが事業理念は、来る新経済形態に備えて仮想通貨へ気軽に投資できる環境を提供する、というものでこれがこのままユーザーへ提供する価値になる。しかし、SPINDLEとZETAの関係性は以下の2つの問題を抱えており、仮想通貨しか取引したことのない人や、そもそも投資をしたことがない人にとっては難解な問題である。まともな理性を持った人であるならば以下の理由を見てしまうと利用する気はなくなってしまうだろう。

SPINDLEを介する変動リスク

 先にも述べたが、「ZETA」で仮想通貨ヘッジファンドに投資する場合は金額相応の「SPINDLE」が必要である。100万円を投じるのであれば100万円分の「SPINDLE」に交換してからでなければ資金を投じることができない。つまり資金をファンドへ投じる度に日本円をSPINDLEへと換金しなければならない。そして買ったSPINDLEを今度は仮想通貨ヘッジファンドへ投じる。これが投資を始めるまでの流れ。

 

ここからがミソなのだが、仮想通貨ヘッジファンドで利益が出た時に支払われる通貨はSPINDLEなのである。つまり預ける時も戻ってくる時もSPINDLEで取引を行わなければならない。となると実際に利益になるのはSPINDLEを日本円へ為替した後になる。このわざわざSPINDLEを介さなければいけないのが厄介である。

 

仮想通貨ヘッジファンドへ投資するリスクでさえ適正価格を計算することができず理解することができないのに、取引を始めてから決済するまでSPINDLEの変動リスクを考慮しなければいけないのだ。

  

結局は、変動リスクが大きい「SPINDLE」建てで、変動リスクの大きい仮想通貨を売買するわけである。SPINDLE建ての「ZETA」を使用して利益を上げるには、この2つの変動リスクを考慮した上で資産を投じる必要があるのだ。

 

仮想通貨だけではなく、日本人投資家達がドル建てで米株式を取引するのでも為替変動リスクで利益を削る(損失を拡げる)ことがあるわけで、変動リスクがなおさら大きい仮想通貨を素人投資家が利益や損失を保持したまま上手に取引出来るのかとなると難しいと考えるのが必然だ。 

仮想通貨の利点を活かさない手数料システム

次に純粋な手数料、フリクションコスト(摩擦費用)についてだ。

 

フリクションコストが利益を削るということはあまりに有名な話なので簡略するが、1回の取引における手数料は一見低くても複数回の取引でバカにできない額になるという当たり前の説と、資産全体を母体として見れば微々たる数字でも利益を母体として見てみると大きい数字になるという投資家あるある説。投資の神様であるバフェットもこのフリクションコストについて熱弁しているので、詳しく知りたい方はバフェット本を何か1冊読んで見ると良い。

 

さてこの厄介なフリクションコストだが、「ZETA」で取引しようとなるとこのフリクションコストを3重で取られる。まずはSPINDLEを購入する時に取引所へ支払う手数料、そして投資先である仮想通貨ヘッジファンドに取られる手数料、さらにSPINDLEから円に戻す時に支払う手数料。1回の投資で取引決済までに計3回の手数料がかかる。

 

これは日本円で米国の株式なんかを買う時も一緒だ。円からドルへ、ドルから株式へ。私が言いたいのは手数料自体への文句ではなく、なんで仮想通貨のメリットをわざわざ失うような構造にしてるのかということだ。仮想通貨はブロックチェーン技術によってSWIFTを利用せず、そして基軸通貨であるドルを介さずに為替出来るためにコストを大幅に下げることが出来るのが利点なのだ。

 

仮想通貨のヘッジファンドならば顧客から預かる通貨は何だって良いはずだ。自身らの投資対象は仮想通貨なんだから、保有する通貨は何だって仮想通貨に替えられる。ヘッジファンドが抱える為替リスクはあってないようものである。なんでわざわざSPINDLEで受け取らなければいけないのだ?もし為替リスクが気になるならドル・ユーロ・円のみの信頼性が高い通貨でしか資産を預からなければいいのだ。

SPINDLEが存在する理由はあるのか?

 変動リスクと手数料を考えるとSPINDLEを介する必要性が思い浮かばない。仮想通貨への投資を促すのが会社理念ならば日本円でZETAの取引を出来るようにすれば良い。その方がユーザーは変動リスクを抑え、手数料も抑えられる。終始、取引するのに仮想通貨を用いるならもっと仮想通貨の利点を活かせるはずだ。

ZETAの競争力

 これは投資家目線ではなくヘッジファンド目線から。ヘッジファンドは運用する資産をSPINDLEで受け取らなければならないので、ヘッジファンド自体もSPINDLEに振り回されることになる。そんな厄介なシステムの会社を介して資金を集めたいのか?というのが問題だ。それだったら直接、円やドルなどの通貨で預けてくれる所と取引したいはずだ。そうなるとZETAは商品となるファンドを集めることが難しい。

 

もしZETAの方でSPINDLEを換金してファンドに渡すにしても、今度はZETA自体が変動リスクを負わなければならない。それを自身で被るのか、ユーザーにおっ被せるのか、それはわからない。だが、ファンドに資産を渡す際に為替するのならそれこそSPINDLEを介する必要性がない。

 

また仮想通貨ヘッジファンドの手法が確立された時、ZETA以外にも仮想通貨ヘッジファンドを取り扱う会社が出てくるということだ。もしSBI証券や楽天証券が参入したらZETAは競争できるのか?自ら仮想通貨の利点を無くして意味不明な取引システムを作っている会社が集客と金融商品を揃えるという面で、資本力とシェアを持つ大手に勝てるかは甚だ疑問である。

SPINDLEを買わせたいだけ

 

 私だってバカじゃない。上記のような仮想通貨の利点と自ら競争力を削る摩訶不思議なシステムになってるのは「とにかくSPINDLEを買わせたい」だけのためだ。SPINDLEを買わせて価格が上がればSPINDLEの発行で儲けられるので、ユーザーが受け取る価値なんて考えてない。その証拠に投資を行うユーザーのリスクについてまったく考えられておらず、また商品となるファンド達を引きつけるような事業内容でもない。

 

仮想通貨への投資する意義や価値を説きユーザーを誘導する一方で、自らはユーザーに価値を提供してせず自社の利益だけを優先したシステムを作る。私の見解では、運営会社のBLACK STARはただ単に仮想通貨ブームを利用して稼ぎたいようにしか見えない。こういったユーザーのことを考えない事業は長続きしない。ウォール街だってもっと上手くやる。

Gackt氏は与沢翼氏と変わらない

こんなのはちょっと調べればすぐに見抜ける。Gackt氏とSPINDLEを手放しで賞賛している連中は、実際はどうでも良いと思ってるか、よく調べることもせず資産を投じるという致命的なミスを犯している。まるで「儲かる儲かる」と与沢翼氏に騙されていった愚かな連中どとも一緒だ。

 

Gackt氏は自身のブログで日本の経済と日本人のマネーリテラシーを嘆き今回のSPINDLEを作るに至ったとのように書いている。読者のマネーリテラシーの弱さを突く実に上手いやり方だ。この点は情報商材ビジネスのカリスマである与沢翼氏と本当に変わらない。自身の著名度を活かした戦略は、自らの力で0からシステムを構築した与沢翼氏よりも質の悪い。

 

Gackt氏は自身のファンもターゲットに集客をしている。仮想通貨の未来、SPINDLEの魅力を語り、著名な信頼性を悪用して長年かけて信頼関係を築いてきたファンの財布から金を取ろうとしている。そして最後には「投資は自己責任」と自身は道徳的責任から逃れようとしている。まさにマキャベリ的な思想を感じる。

もう一度、事業内容を精査した方が良い

私もGackt氏の楽曲はたくさん知っているし、素晴らしいものを作っていると思う。その素晴らしさ故にカラオケでも上位に位置している。だからこそSPINDLEについては疑問しか生まれない。だってあんなに知られているアーティストならヤマしい事情が無ければお金に困ることは基本的にないのだから。

 

 仮想通貨とSPINDLEの未来をマジでポジティブに考えているのなら、共同で事業をやってる人間に騙されているとしか思えない。私は仮想通貨は否定しないし、仮想通貨に付加価値を付けるSPINDLEの試みも否定しない。しかし、今のままでは事業は立ち行かないと思うし、単純な失敗だったとしても結果的によくあるICO詐欺となる。もっと仮想通貨のことを事業メンバーで勉強して研究するべきだし、少しは様子見することも考え、合わせて事業内容も精査し改善すべきだ。

 

単純な仮想通貨のICOとして批評している記事を書いているブログがある。私は仮想通貨のICO自体への知識は無いので、合わせて読んでみると理解が深まるだろう。 

 

仮想通貨関連に投資するなら理解が必要

ここまで読んで頂くと仮想通貨自体への投資の難しさ、そしてSPINDLEというICOへ投資する難しさを感じてもらえたと思う。難しくて理解ができない、それで良いのだ。投資は自身が理解できるものに限って行うのが最もベストである。トレードの理論を用いて行う投機ならまだしも、資産を増やすために行う投資なら仮想通貨は向かない。やるなら他の誰よりも理解を深めなければならない

 リスクはあなたが何をやっているか理解していない時に起こる。

ウォーレン・バフェット

 

何に投資すればいいかという質問を絶えず受けるが、私の答えはいつも同じである。誰の言うことも信じてはいけない。あなた自身がよく知っているものだけに投資するのが成功への道だ、と。

ジム・ロジャーズ

 私はよく「投資したいんだけど何すれば良い?」と軽い相談を受けることがあるが、私は決まってこう返す「S&Pインデックスファンド、バンガードETFで毎月積立投資するべきだ」と。ブログでは熱心にFXの魅力を語っているが、それは熱意ある人に向けてのことだからだ。

 

資産形成のために貯金を投資に回しておこうというライトな人には勉強と努力が必要な個別株投資やFXは絶対にオススメしない。投資の神様が勧めていて、データと実績が豊富で、最適解とされるバンガードETFしか勧めていない。Gackt氏も日本人の経済事情とマネーリテラシーを嘆くのなら素直にバンガードETFを勧めるべきだと私は強く思う。

 

 最後にこの記事を書く意欲を駆り立てた要因として、Gackt氏が自身のブログにて「SPINDLEを批判する人は夜道に気をつけてね」と脅しの文章を書いていたことだ。マズいと思ったのか今は修正されているが、自身の著名度を考えれば多くの視線が集まるのは当然であり、投資家を募って稼ごうと事業を行う以上、言及や批判が集まるのは当然である。

 

ましてや仮想通貨の弱点なんて少し考えれば解るもの、それについて突っ込まれて怒りを露わにするのであれば事業を行うのはもちろん、そもそも投資について考えを述べる資格も無い。著名度を活かして知識の無い人間を誘導し、トレンドに乗って力任せに事業を行い、挙句に批判されても夢ばかり語って自身や幹部が事業のリスクを説明することもない。いくら仮想通貨バブルだって言ったって、そんなマキャベリ的なやり方は許されないものだ。