SUZUKIYUYA.COM

投資と投機が本業の20代会社員が初心者をコンサルティング(コーチング)するブログ

【2017年】投資成績と資産状況

f:id:TheSuzukiYuya:20180117015941j:plain

あけましておめでとう。更新数が少ないながらも、ぼちぼち読んでくれている読者に感謝と2018年のご多幸を。

 

さて本題に入る前に新年一発目の記事で少々報告をさせて頂こう。

 

発表というほど大げさなものではないが、ブログのリニューアルに伴い2017年下旬始めまでやっていたが投資成績を再開、そして今年からはそこに資産状況を加えて年末だけじゃなく毎月末度に記事にしていく。

 

更新数は少ないながらも、まぁボチボチ面白くしていこうとは考えているので、改めて今年もよろしく。

 

では、少々遅れてしまったが2017年の振り返り(投資成績と資産状況)と2018年の抱負をさっそく書いていこう。

2017年の経済動向

なんと言っても仮想通貨、特にビットコイン。仮想通貨のロングポジションを持っていた人々は素晴らしい利益を手に入れ、仮想通貨長者という言葉まで出来た年だった。

 

1BTC100万以上に暴騰するなど、まさにバブルというような値上がりを見せた。ビットコインに続いてイーサリアムなども暴騰、他の仮想通貨も釣られるように値上がりしていて、いつ弾けるんだかわからない緊張と栄光を求める熱気に仮想通貨市場は包まれている。2018年には弾けるのか、それとも目を覆い隠したくなるような市場膨張を見せるのか、わからないが年前半までは活況であろう。

 

バブルではないが、株式市場も大きな調整が入ることなく堅調。米株や日本株を保有する投資家達の多くは満足するスコアを出せた年だった。APPLE、Amazonなどの米国株に加えて、日本株も日経平均株価を見てわかるように順調に伸びている。米国株は米長期債金利の利上げや、大型減税の影響で2018年に調整局面を迎えると予想されており、ポジションを作る良いタイミングとなるか期待。日本株に関しては目立った噂話は聞かないが、バブル時代の水準まで続伸しそう。

ドル円は115円台乗らず

そして年がら年中取引してきたドル円だが、結局年始の115円台に乗ることは出来ず、主に110から113円の間で推移する結果となった。

 

為替に関しては、仮想通貨や株式とは反対にトレーダー達から歓喜の声を聞く事は少なかった。それどころか国内FXのレバレッジ引き下げの検討(既定路線)など、ネガティブなニュースが目立った。ドル円の値動きに関しても、多くの識者が「わからねぇ・・・」と公の電波を使ってボヤくほどで、やはりトレーダー達から浮かれた様子は見られなかった。悲しい。

2017年の投資成績と資産状況

さ、お粗末な経済動向はここまでにして、投資成績の発表に移ろう。といっても2017年の私はドル円のトレードしかしていないので、投資成績も非常に簡素である。

 

・年初資産 74,995円

 →総利益 4,860円

・年末資産 79,815円

 →利益率 6.48%

 

実は年初の資産は1万円ほどしか無かったが、計算の仕様で入金分を含めた原資を年初資産として計算している。序盤の少ない資産で回していた時の利益は小さく、入金で資産が膨らんでからようやく4桁の利益が出始めたという訳だ。

 

反省点と言えば、年末相場に果敢に挑んだことである。一時は利益率20%超えを見せていたが、12月に負けの行列を作ってしまった。マイナスに転じることが無かっただけラッキーということで、今年の年末はしっかりと休もう・・・と思った。

 

2017年の6月末から投機の世界に入り、学ぶことがたくさんあって幸せであった。利益の面で見ても、最初は右も左も上も下もわからない状態であったのに何とか6.48%の利益を出すことが出来て良かったと考えている。仮想通貨長者や株式投資家達と比べると実にショボい数字ではあるが、1年目で90%のトレーダーが瀕死状態に陥り挫折するとされる為替の世界で利益出しただけめっけもん。

 

 

FXを初心者が1週間やった結果 - SUZUKI YUYA | 社畜の投資.FX.貯金

 

トレード自体については、2017年はデイトレードが中心だったが実はスイングの方が自分に向いているのではないかと気づいた。デイトレード7割、スキャルピング2割、スイングトレード1割といった取引をしていたのだが、スイングトレードの安定したパフォーマンスを発見してしまい、2018年はスイングトレードの年にしようと計画している。

 

そして2017年1番の学びと言えば、ウォーレン・バフェットのバリュー投資に強く惹きつけられたことだ。

 

何故、株式投資なのか。そしてバリュー投資にこだわるのか。「安く買って高く売る」ぐらいにしか認識していなかったバリュー投資だったが、シンプルでグレートなその投資哲学は永遠にトレードしてる場合ではないと思わせるには十分であった。

2018年の抱負

f:id:TheSuzukiYuya:20180117020147j:plain

2018年はFX以外にも取引したい

 2017年はドル円のみ取引していたが、今年からは株式にも手を出そうと考えている。

 

今まではFX(為替)にしか興味が無かったが、ウォーレン・バフェットの本を読んだり経済について学ぶにつれ、他の金融商品にも目が行くようになった。また現在FXに回している資産は資産全体の約2%ほどだが、その残り98%の資産を運用にるにあたりFXよりも株式に多く振り向けた方が良い。と考えるようになったからである。

年収300万未満の私が1年で100万円貯めた確実な方法 - SUZUKI YUYA | 社畜の投資.FX.貯金

FX(為替)

2017年は暗い話題が多かったが、2018年のドル円は明るい。

 

2017年12月20日に米議会下院で税制改革法案が可決され、アメリカの法人税率は35%から21%まで引き下げられ、そして海外に利益を保留している米企業はその利益を国内に戻す際に減税措置を受けられる。米企業達がこぞって海外利益を国内に戻すとなれば外貨を大量に変換(ドル買い)すると予測されるので、2018年はドル高の方向に行きやすいと予想できるわけだ。

 

ちなみに米企業が海外に保留している利益の総額は2兆6000億ドル以上。このうち何割を戻すかまでは正確に予想できないが、ブッシュ政権時の減税の際は半分が戻った過去を鑑みると今回も半分以上戻るとの見方が強い。半分の1兆3000億ドル相当がドルが買われるとなれば、資金供給残高の3兆8509億(2018年1月時)の約33%を占めることになるので年内に120円を越えてもおかしくはない。

 

今年はこの特大長期イベントの海外利益国内還流の流れに乗り、総資産の8%ほどの利益を上げることがFXにおいての抱負である。

仮想通貨

投機ということで続けて書こう。

 

私は2017年当初から仮想通貨に触れないことを誓っていた。その誓いを支える理由はまったく仕組みがわからないというもので、バフェット先生よろしく理解できないものには手を出すなの教えに従った2017年だったのだ。

 

理解に関しては今も理解していないが、段々と相場の構成要因はわかってきたので投機筋で参戦したい。といっても積極的には取引せず、チャンスとタイミングを窺いながら1回だけ取引出来れば良いと考えており、何ならリスクが高いから取引しなくても良いとも思っている。

 

ちなみに投資の観点に立って考えることをしたが、私にはどうしても生産性を持っている資産としては見ることはできなかった。世界を変えることと仮想通貨自体の価値が高くなることは比例しない。仮想通貨の価値が上がるかをどう計算して出すかわからなかったし、そして沢山ある種類の中でどういった基準で選定すればいいかもわからなかった。

 

ただ、仮想通貨経済圏が安定していく中でジッと待っていれば良いコインを1個ぐらい見つけて小当てすることが出来そうなので、お目にかかるコインが出て来るまで待機になりそうだ。

 

まぁ、繰り返すようだが取引しなくても別に良い。

株式投資

2018年は株式に最も時間を割いていこうと考えている。

 

バフェットのバリュー投資に影響を受けて、実際に実践しようと思っているわけだが、まだまだ知識が足りない。端的に言ってしまえば、まだ「安く買って高く売る」程度のことしか理解できていない。もう少しばかり勉強が必要だ。現在の相場は買い時ではないことはわかるが、どれくらい割高なのかもわかっていない状態なので、勉強と企業分析に時間を使うことになるだろう。

 

こちらは投資すると息巻いているものの、基準を満たす企業なければ買わないつもりだ。焦らなくても株は逃げたりしないし、仮想通貨と同様に待つことが重要である。それまでは2017年通り、ドル円の取引にのみ資産をあてればいい。

 

とりあえず、自分の勘で目星をつけて分析を開始する。

心身の強化

投資とは直接的に関係ないが、2018年は心身の強化により一層の注意を払いたい。

 

1日の仕事が10時間越えるようになってから、体調がとてもよろしくない。頭痛や目眩はもちろん、激しい胃痛、目が見えなくなる、耳が聞こえなくなる、など病気の疑いがオンパレードしている。ストレスのせいか、不規則な生活のせいか、よくわからないからこそ病院に行って診てもらうしかない。

 

また、時同じくして身体自体、つまり関節や筋肉自体も痛みが出てきた。筋力トレーニングやスノーボードの激しいトレーニングのせいか、身体にダメージが蓄積しているようだ。また長時間の座り仕事でもやられている気がする。新年早々、スノーボードの大会やテストもあるため調整が難しいが、整体や整骨院など病院の利用を視野に入れてケアしていきたい。

 

筋トレとランニングを続けた結果、1年間で人生が変わった - SUZUKI YUYA | 社畜の投資.FX.貯金

 

それとこの苦行の社畜生活に耐えるためにも、精神的に強くならなければいけないと2017年は強く感じた。別に社畜ができなければ精神が弱いとの話をするわけではないが、強い精神力(理不尽を吹き飛ばす力)を身につけ、自分の人生が良くなる道に歩み出すまでは耐えてやる。

 

人間にとって自分の身体は最大の資本。これを疎かにしては仕事も趣味も何もかもにおいて自分の望みを達成することはできない。

2018年は自己投資の年

f:id:TheSuzukiYuya:20180117020038j:plain

2018年は可能な限り自己投資

 散々、為替(FX)や株式の展望を語ったのにそれを否定するようだが、2018年はとにかく自身に投資をしていきたいと考えている。

 

心身の強化にも繋がる話ではあるが、良い投資、良い仕事、良い生活、良い趣味、何においても良い結果を出すには自身への投資が必要不可欠だ。自分自身に投資するからこそ何事も良い結果を生み、得た利益でさらに投資することでまた良い結果を出していく。

 

自己投資は何も金だけではなく、時間を使うことも自己投資になる。今年はより多くの金と時間を自分に投資し、これから長い人生で延々と自己投資していく基礎を作る年にする。今はまだ自分がどう進むべきか闇の中に仕舞われているが、この自己投資が闇を少しずつ払う光となると確信だけは出来ている。

 

2017年は投資家としてのキャリアを歩む第一歩であった。よくわからない状態で右往左往し、途中では損も多分に出してしまうこともあった。それでも微益ながら利益を出し、投資家に限らず人として避けて通ることができない課題と直面し、またその格闘の最中から賢い考えに触れることが出来た良い年であった。

 

今はFX以外に取引経験も知識もなく、そして人としても迷っている状態ではある。だが2017年で僅かながら成長することができたのだから、腐らずそこで見つけた希望を道標に、2018年は積極的に自己投資で自分と向き合って自分が思う良い道を見つけそして歩み出す、そんな年にしたい。